To不定詞とingの使い分け



こにゃにゃちは☆リアライズのちびっ子番長Kazusaです😘今日は生徒さんに聞かれた質問を簡単に解説します!

「To不定詞とingをどう使い分ける?」



これは本当に沢山の方がぶつかる問題だと思います。単刀直入に言うと答えは「動詞によって変わる」です。3つのパターンがあるので順にみていきましょう。

①どちらでも使える



後ろにto不定詞をとってもいいしingを取っても良い、意味もさほど変わらないという動詞があります。

like:

I like to study English. ≒ I like studying English.

start: 

It started to rain. ≒ It started raining.

②後ろに必ずto不定詞を取る



wantやdecideなどの動詞は後ろに必ずto不定詞を取るので、ingをつけてしまうと間違えになりっます。どの動詞がこれに当たるかは「To不定詞をとる動詞」という感じでググると沢山の人がリストを載せてくれていたり、単語の覚え方などを載せてくれているので調べてみてね☆(人任せw)

want: 

I want to go to Canada.(○)

I want going to Canada.(×)


decide: 

I decided to go to Canada.(○))

I decided going to Canada.(×)

③後ろに必ずingを取る動詞



逆にenjoyやfinishなどは必ず後ろにはing系をとるので、to不定詞をくっつけると間違えになります。こちらも「ingを取る動詞」などとググるとリストや一覧が簡単に出てくるので、一度見てみるのもいいと思います。

enjoy:

I enjoyed talking with you.(○)

I enjoyed to talk with you.(×)

finish:

I finished cleaning my room.(○)

I finished to clean my room.(×)

私の覚え方



私はリストや一覧で類似単語を覚えるのがとっても苦手です。寧ろ無理です(笑)私が語法を覚えていったのは、沢山ライティング(メールやツイッター等を含む)をして、ちゃんとネイティブに間違えている所を教えてもらって、そうやって出てきた時=自分が使うタイミングでひとつひとつ覚えていきました。私はそれが一番覚えやすいというか記憶に定着しやすいです。沢山を一度に覚えられなくても、その場その場で1つくらいなら結構覚えられます!

無料ライティング添削サービス



リアライズの生徒さんは「宿題」としてお家でライティング(日記や覚えたい単語の例文など)を提出して頂ければ、ネイティブ講師がレッスン時間外に無料で添削をします。普段の生活ではなかなか英語を書いたり訂正してもらう機会がないと思うので、生徒さんは是非ご利用ください💓