投稿

【プリント】疑問文お助けシート(初心者向け)

イメージ
こにゃにゃちは☆ちびっ子番長Kazusaでっす😏今日は初心者さん向けの疑問文の文章の組み立て方をまとめたプリントがあるのでそれをシェアしますね。 疑問文の作り方 疑問文を作る時に大切なのが「Do you」と「Are you」です。「Do you」は後ろに動詞が続きます。「Are you」は後ろに名詞や形容詞が続きます。 基本的に答えが「はい」か「いいえ」の質問はこの2つから文章を始めます。答えが何か具体的な物の場合は「6W1H」を前に付け足します。 日本の中学校では「5W1H」とよく言われます。「What (何)」「Why (何故)」「Who (誰)」「When (いつ)」「Where (どこ)」「How (どう)」です。折角なのでこれに「Which (どちら)」も付け足して6W1Hにしといて下さい。 応用編として、主語に合わせて「Are」を「Is」に変えたり「Do」を「Does」に変えてください。また、過去形なら「Was」「Were」「Did」等に変えれるし、「Do」を助動詞「Can」や「Should」などにも変えることが出来ます。組み合わせ自由自在! 疑問文の作り方の動画も参考にしてね。 ダウンロード プリントはここからダウンロード出来ます。画像をクリックしてね。

【プリント】私が最初に英語が得意になったキッカケ―「語順トレーニング」

イメージ
一日に何回もブログ更新してごめん!笑。計画的に生きられないリアライズのちびっ子番長Kazusaです☆ 今日は教室のプリントを少し見直していると昔作ったプリントを見つけて、やっぱりこれ良いなぁとしみじみと思って、少し手直しして改良版を作りました。 このプリントと言うのがまさに、私が英語を話せるようになったキッカケともいえる語順トレーニングのプリントです。これを後々、巷ではスラッシュリーディングと言うのだと生徒さんから聞きました(爆) スラッシュリーディングとは 私は英語の勉強はほぼ独学なのですが、中高大の先生方のアドバイスや発言を基に勉強していたので自分が知らないだけで巷では実は有名な勉強法だった!という事がほとんどでした笑。(リンキングやリエゾンも高校生の時に洋楽カラオケの練習で知らず知らずに練習していて、これまた何年も後に生徒さんからリンキングと言うのだと教えてもらいました笑) スラッシュリーディング(区切り読み)と言うのは意味の塊ごとに英文を区切り、英語を返り読みせずに頭から読んでいくという勉強法だそうです。 私の場合は英語を話せるようになりたかったので、これをスピーキングの練習として応用していました。この練習方法で高校生の時、クラス対抗スピーチ大会のクラス代表に多数決で選ばれてしまい、人前に出る事が苦手な私が大変苦い思いをしたというのはまた別の話として(笑) 代表に投票された理由の多くは 「英語で考えながら話している様だった」 というのが多かったです。でも実際は、英語でなんか一ミリも考えていませんでした。全部日本語で、その場で脳内翻訳をしていました。 英語は語順 ではどうして英語で考えながら英語を話している様に見えたのか?それは結局、 考える順番=語順が英語 だからなんだと思います。 いつも言ってますが、 「言葉は日本語、語順は英語」 これです。正直今でもこれです。よく巷で「英語を話すためには英語で考える」と言われているのを目にしますが、英会話を幼少時から取り入れない現状の日本の英語教育でそれはかなり無理があると個人的には考えています。何故なら私が無理だったから。自分が出来なかった事を人にしろとはとても言えません。 私自身は、今でこそ結果的には「英語を話す時は英語で考える」という状況になっているかもしれません。でもそれは英語の ①語順感覚が体に染み込んでいるう

【プリント】Phrasal Verbs ― Outのニュアンス

イメージ
少し間が空いてしまったけれど、Phrasal Verbsのプリントシリーズです。今日はOutがくっついているフレーズのニュアンスです。 ニュアンスが全てではないけれど、知っていたらちょっとは腑に落ちる部分も出てくるかも😁 新しい言葉と出会ったら、是非一度辞書を引いて例文を読んでみてくださいね。英語で検索したい言葉の後ろに「examples」と入力してググってみてもいいと思います。 プリントは画像をクリックするとダウンロードできます。白黒だけど教室で印刷した物を持って帰る事も出来ます。リアライズの生徒さんは是非宿題で例文ライティングにチャレンジしてみてね。

【動画】VS James☆英単語バトル!!

イメージ
Jamesと英単語バトル☆   こにゃにゃちは☆ちびっ子番長Kazusaだよ😉また新しい動画を作りました!今回はJamesと単語バトルをする参加型動画です。 私が身の回りの単語を日本語で言います。Jamesはそれを英語で答えます。皆はJamesよりも早く英語を言えるか、勝負です!日本在住13年のJamesに勝てるか?! 笑。 動画の下に、復習クイズコーナーを作っておきますね。黒い部分をタップすると答えが出るので、自分で3秒以内に答えるとか5秒以内に答えるとかルールを決めて早押しゲームをするのも楽しいかもしれない😄 復習クイズコーナー 黒い部分をタップすると答えが見れるよ☆ (1) 鍵 ― key (2) 洗濯機 ― washing machine (3) 掃除機 ― vacuum cleaner   (4) 電子レンジ ― microwave (5) コンロ ― stove (6) 床 ― floor (7) 洗濯物 ― laundry (8) 枕 ― pillow (9) 靴 ― shoes (10) はさみ ― scissors   英会話は反射神経がとても大切なので、秒で答えられるようになるまで何回も練習してね😀

【動画】定型文で英会話♯3「~しましたか?」

イメージ
  こにゃにゃちは!ちびっこ番長Kazusaです!もう見てくれた人も多いと思うけど実は1年ぶりにYouTube動画を更新しました(笑) 今回の動画は1年以上(❓)前に始めた「定型文で英会話」というテーマの第3回目です。リアライズってゆるい英会話教室なので、外国人と楽しくお話したいけど勉強はしたくないという生徒さんが多いです。でも英語の勉強とか英会話をしていない世の中の日本人のほとんどが同じ思いだと思う。 外国の人達と話せたら楽しいやろうけど、勉強は出来ないからという理由で英会話を始める気にすらならない日本人が私は1億人以上いるとみている(笑) 勉強をしたければ、正直今どき無料でなんぼでも出来ます。ネットでもアプリでも無料の文法解説や問題集とかあるし。でもお金の問題じゃなくて、勉強する事が現実的に無理な人が大多数やと思う。 だからもう文法の勉強とかはすっ飛ばして、取り合えず喋る練習から始めたい、そういう初心者さんに見てもらいたい動画です。 それでもどうしても単語だけは覚えてもらわないとあかんねんけど、その辺も無料のアプリとかHPのリストを最初は活用したらいいと思います! 動画内で言っていた、教室で配っている動詞リストは下からダウンロードしてね。 【単語リスト】 動詞1 動詞2 動詞3 動詞4 動詞5 動詞6 動詞7 動詞8 動詞9 動画やSNSでいいねやコメントもらえると嬉しいです💓

リアライズリンク集

イメージ
下のリンクから各ページへ飛べます💓   英会話リアライズHP リアライズ英語ブログ リアライズTwetter リアライズInstagram リアライズYoutubeチャンネル KazusaのTwitter個人アカ KazusaのInstagram個人アカ

【語法解説】#9―each「それぞれ」

イメージ
こにゃにゃちは☆リアライズのちびっ子番長Kazusaです♪今日はeachとうい単語の使い方を詳しく解説します。簡単な単語だけど適当に使っている人が多いと思うので、頭を整理してみてください eachの語法 eachの基本的な理解は、「単数形に使う」と覚えておくといいと思います。それを基準に「もし後ろに複数形を持ってきたい時は変形させる」という流れで覚えておきましょう。また、eachを文末に持ってくる場合もあるのでその時のニュアンスも確認してください。 ①each+数えらえる単数形名詞 eachやeveryは数えられる単数形名詞前につけましょう。これは基本形として覚えておくといいと思います。 例えばwaterやmoneyは数えられない名詞なので前にeachはつけません。 I get paid each month. She had a bottle in each hand. ②each of (the)+複数形名詞 eachは基本的に単数形につけるので、複数形の名詞の前につける時は特別バージョンとして変形させる必要があります。といっても覚えてしまえば簡単で、「each of (the)」をつけるといいだけです。 Each of the teachers had to face their classroom problems. There are 3 cars, each of them is blue. ③後ろにつけると副詞「それぞれに」「一人(ひとつ)につき」 eachの後ろに名詞がこず、むしろeachが文末に来ることがあります。その場合は形容詞ではなく副詞として働いています。難しく考えなくても大体フィーリングで意味は理解出来るので、形容詞や副詞の違いを考えると頭痛がする人は例文を沢山読んでみてください。簡単に意味が分かると思います。 They cost $50 each.「1個50ドルです」 ④否定文には使わない eachは否定文には使いません。代わりにnoneを使いましょう。 Each of them didn't understand what the teacher said.(×) None of them understood what the teacher said.(○)

【語法解説】#8―talk「話す」の語法

イメージ
飛び飛びの投稿になってしまい本当に申し訳ない語法解説シリーズも再開します(笑)また古い語法の記事もこの機会に是非読み返してみてください。記事上部のラベル【語法】をクリックしてもらうと、語法の記事だけを一覧で表示することが出来ます。 さて今回の単語はこれまた基礎単語の「talk」です。誰でも知っている様な中学英単語でも、使い方を知らずに何となく雰囲気で使っている生徒さん多数です。この機会にしっかり整理してみてくださいね。 Talkの意味 「英語を話す(=speak) 」とtalkがごっちゃになってしまっている人が本当に多いです。ニュアンスをしっかり掴みましょう。 まず意味からしてちょっと誤解をしているというか、きちんと理解できていない人も多いです。 talkは2人以上の人がお互いに意見を言い合うシチュエーションです。言ってしまえば「相談する」「話し合う」「会話する」「議論する」というニュアンスが強いです。 勿論「相談する」と言いたい時にtalkを使っていいです。「相談するって英語で何と言えばいいかわからない」という人も多いと思います。実は簡単な単語でしたー😊 さておき、シチュエーションにもよるけど、「誰々が何々と言った(=said)」「英語を話す(=speak) 」とtalkがごっちゃになってしまっている人が本当に多いです。ニュアンスをしっかり掴みましょう。 Talkの語法 talk+ オプションA + オプションB =talk + 誰と + 何について ①talkの後ろにはオプションAとオプションBを付けることが出来ます。 ②各オプションは順番は入れ替える事ができます。 ③各オプションに合わせて前置詞を間違えない様に気をつけましょう! <オプションA「誰と話したか」> 前置詞「to」か「with」を使います。 talk to 人   I will talk to James later. talk with 人   I will talk with James later. <オプションB「〜について」> 前置詞「about」を付かいます talk about   I have to talk about our future plans. <オプションAとBの組み合わせ> 組

【プリント】Phrasal Verbs - downのニュアンス

イメージ
  思い立ったら好きな事ばかりガンガンやっちゃう、どうも、私です。今日は2回目のブログ投稿ですが、Downを使った句動詞です! 自分の勉強のついでに、リアライズの生徒さんやブログやSNSを見てくださってる皆さんにもちょっとは役立つことを発信出来たらついでなのに凄いお得な感じ😋💗 記事の上の方に【ラベル】という部分があるので、そこをクリックすると他の句動詞に関する記事も見れるはずです。 下の画像をクリックするとプリントをダウンロード出来るので、ご自宅のカラープリンターで印刷してね。教室では白黒印刷が出来ます。 プリントで載せている動詞フレーズを是非辞書で引いて、例文をノートに書き写したり、辞書の例文を真似して自分で例文を書いたりしてみてくださいね。 リアライズの生徒さんはライティングチェック無料ですのでレッスンに来た時に提出してくださいね。👍 辞書のおすすめは「 Cambridge Dictionary 」か「 Longman Dictionary 」です。英英辞書ですが学習者向けに作られているので、例文や説明文も簡単な英語が使われています。憧れの、英語を英語で学ぶ最初の一歩になるかも💗

【プリント】Phrasal Verbs - upのニュアンス

イメージ
  め~っちゃお久しぶりのブログ。なかなか続けられないブログだけど、今後も気が向いた時だけ投稿するスタイルにします(笑) 今日はphrasal verbsのプリントを作ったのでブログにあげようと思います。画像をクリックするとグーグルドライブの保存先に飛んでダウンロードや印刷が出来ると思うので、お家でカラー印刷してください。 教室にはモノクロ印刷のプリントを用意していますので欲しい人は持って帰ってね。  

【音読練習】自宅で音読練習方法♪

イメージ
  こにゃにゃちは!ちびっ子番長Kazusaです♪ブログを忘れた頃に、生徒さんからブログの存在を思い出させてくれる質問をもらい、慌ててブログを書くいつもの私です(笑) 前回の記事の勉強方法で興味を持ってもらった生徒さんがいて、それで、やっぱり色々な自主練の方法をシェアした方がいいなって思いました。 今回は家で私がしている音読練習の方法を紹介します! 音読で口の筋トレ 私はもともと発音が大の苦手でめちゃくちゃ下手くそでした。原因は、口の筋力が弱すぎて口の形などを学んでも全く持って英語の発音が再現出来ませんでした。今でも定期的に音読練習をして口の筋トレを心がけています。 その時に大切にしているのが、ただ音読するだけでなく、必ずお手本を聞き、録音して、自分の発音を客観的に聞き直す事です。 数年前まではこれが恥ずかしくて音読練習も全然していなかったのですが、やり始めて本当に後悔しました。もっと早く始めておくべきだったと。 聞き直すと、自分がこういう風に言っていると思っていても全然その通りに言っていない事に沢山気付きました。 息が切れ切れだとか、もっと音を伸ばして言っているつもりだったけど案外全然伸びてないだとか、沢山「お手本の様に言っている つもり 」の事に気が付きました。 自分で自分のミスや改善点に気が付くという事はとっても嬉しい事で、つまりは「 そこを直したら英語が上手くなる! 」という事なのです。 勿論、学習者である自分だけでは気付かない箇所も沢山あるので、理想はネイティブチェックを入れてもらう事です。 でもたとえそれが出来なくても、自分だけでも気づくことが沢山あります。それくらい、「イメージしている様には体(口)は動いていない」という事なんです。 だから、恥ずかしさのメンタルハードルを乗り越えて、必ず録音を私はしています。 使ったアプリ紹介 私はいつもアプリで記事の音声を聞き、デスクトップ録画アプリで録画しています。デスクトップ録画アプリは携帯の動きをそのまま録画するアプリです。こうするとお手本の音声も一緒に録音されて、聞き返しやすいです。 私の練習動画 スロー音読練習した😆ムズいw やっぱり読むと母音がスペルに釣られる😅最後は合格もらったけど、Russiaのuをオにしちゃったり、Russianのsianをシャンにしちゃったり(shin⭕)、

【リーディング&リスニング上級編】The Economistでお勉強(1)

イメージ
こにゃにゃちは☆ちびっ子番長Kazusaです♪ 今日は自分の勉強をした副産物をシェアしようと思ってブログを書いています。 最近始めた勉強は、The Economistというイギリスの英字新聞のYouTubeチャンネルの動画でするリスニング練習です。 The EconomistをWikipediaで調べてみました。 "『エコノミスト』(The Economist)は、イギリスの週刊新聞で、ロンドンに所在するエコノミスト・グループから発行されている。新聞ではあるが、外見は雑誌の体裁をとっている。日本の読売新聞と提携している。" "主に国際政治と経済を中心に扱い、科学技術、書評、芸術も毎号取り上げる。政治・社会は地域ごとに記事を組んでおり、中国以外のアジア、中国、中東およびアフリカ、米国、米国以外のアメリカ大陸、英国以外のヨーロッパ、英国に分けている。ビジネスと金融については地域を問わずに広く取材しており、日本の企業が取り上げられることも多い。また隔週ごとに、経済のある分野に関して詳細な調査分析を載せる。この雑誌は社会的地位の高い層をターゲットにしており、その中に官僚や大企業で経営に携わる人なども含まれる。発刊の歴史と、鋭い分析からなる記事が情勢に与える影響が大きく、世界でもっとも重要な政治経済紙の一つと見なされている。" 私のお勉強手順 まず①動画を字幕なしで聞く②字幕をダウンロードしてワードに張り付ける③気になる単語や知らない単語をチェックする(聞きながら)④最後に動画を字幕なしでまた聞く⑤すると一言一句聞こえるようになってる! という練習です。私が程よいレベルなので(自分で言うのもあれやけどw)割と上級だと思います。 とは言いつつ、日本の中級者さん達はリーディングはとても強いので、②の過程で出来た副産物である字幕を文字お越ししたファイルはシェアしたら皆の良いリーディング素材になるのじゃないかなと思うし、中級からさらに上を目指したい人にもリスニング・リーディング・語彙を底上げするのに良い勉強素材になるのではと思います。 ということで、動画とワードファイルをシェアしておきます。ワードファイルはコピーやダウンロードをして上手に活用してもらえたら嬉しいです。 動画と字幕